わんこのきもちの愛犬達、コジ、なな、ひなの&さくら
わんこのきもち◆社長日記
カワイイわんことの出会いを綴っています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かなちゃんが運んだ家族愛
2010年08月11日 (水) 15:13 | 編集
わんのきもち動物供養用プリザーブドフラワーご好評いただいております。

ありがとうございます。


プリザ(仏花)クリアBOX付き


わんこのきもちネットショップ
http://www.wanconokimochi.com/



みなさまいつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村



\●/\●/\●/\●/\●/\●/\●/\●/\●/\●/





わんこのきもちオンラインショップからご注文が来ました神奈川県にお住まいのI様の愛犬ビーグル犬のかなちゃん。


IMG_0010(2).jpg


かなちゃんは7月12日に虹の橋へ旅立ちました。

かなちゃんの飼い主様より愛犬を亡くし深く落ち込んでいるご主人にサプライズプレゼントしたとの事でした。

もちろんご自身もお辛い時にK・Iさんはご主人をなんとか励まそうと弊社のペットフィギュアサービスにたどり着いたそうです。

オンラインショップでご注文をいただいた場合データは全てパソコンよりいただけるシステムにしていますが、Kさんはご丁寧なお手紙と共にお写真を郵送してくれました。

そこには一目で愛されていた事が伝わる綺麗で色々なポーズの写真たちがありました。

IMG_0005(2).jpg


Iさんご夫妻の想いが伝わったと同時にかなちゃんがどれだけ幸せでご家族を愛していたかがわかりました。


IMG_0002(2)ブログ用写真


IMG_0001(2).jpg


今回作製にあたり、横に座るポーズと首輪&チャーム
そして、かなちゃんはごはんの時間をとても楽しみにしていたとの事でごはんの器のご依頼がありました。

201007181030000[1] (2)ブログ


DVC09188[1] (2)ブログ用



器を前にIさんご夫妻に甘えているようなかなちゃんがよみがえり、先日帰って行きました。

DSCF2555(2).jpg


DSCF2557(2).jpg


DSCF2559(2).jpg


DSCF2564(2).jpg


DSCF2571(2).jpg


DSCF2567(2).jpg




到着後もご丁寧にメールをいただき、ご主人の喜ぶ姿に涙が出るほどうれしかったとのご報告をいただきました。

いつも思うのです。

彼らが残してくれるものは思い出だけではなく、愛と絆と感謝なんだと。

かなちゃんがつなげてくれたご縁が私にまで温かい気持ちをくれました。

かなちゃん、Kさん、心よりありがとうございました。

このフィギュアがIさんご夫妻にたくさんの幸せを運んでくれることを願っております。



Kさんよりご承諾をいただきましてメールの一部をご紹介します。
全国で愛犬を亡くし喪失感から立ち直れないでいる方も多いと思いますが決してひとりじゃないですよ。



主人の驚き、喜ぶ様子に、
私のほうが泣けたほどです。
ポーズも表情も、かなそのもので、
帰ってきてくれたという実感がふつふつと沸いてきました。
2人で声を掛け、なでました。

だいぶ気持ちの整理がついてきました。
一緒にいるな、という安心感があります。
かなが応援してくれていると思って、
胸はって生きないといけませんからね!


                               神奈川県在住 K・I様










天然素材わんこのきもちネットショップぜひご利用ください。

netshopping_banner_sm.gif



同会社グループ ヒーリングサロン咲ブログにも遊びに来てね(。ゝω・)b
ヒーリングサロン咲


mixi(SAKICO)に参加しています。
こっちはプライベートも載せちゃっています♪
ガールズトークやナイショ話はこっちの方で(*´エ`*)

※ご希望の方はmixi招待メール送ります❤


ツイッター楽しんでいますか?
wanconokimochiをフォローしてください゚+.(・∀・).+゚.。

Follow wanconokimochi on Twitter








幸せをよぶフィギュア












スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつかはみんな
誰しもいつかは愛するものと
別れるときがきますが、
私はどんな形であれ、今生・来世に
かかわらず、再会できると信じています。
麻酔による手術を経験した時、
死の疑似体験をしました。
そこはひたすら「無」の世界
でしたが、それは私が生きていた
からで、きっと、もっと進んでいけば、先に旅立った大好きだった
人や動物たちが待っていたでしょう。
もっと臨死体験した母も
私の亡くなった義母と会ったのですから。
K様はかなちゃんと今回今生で
再会しましたね。
無になっても「絆」は未来永劫
だと思います。
2010/08/12(木) 03:41 | URL | わっちさん #-[編集]
わっちさんへ
そうですね。袖触れ合うも他生の縁といいますから、家族になる、友人になる、恋人になるというのは前世で深く結ばれていたとしか思えず、来世でも逢える事になっているのでしょうね。
私たちは子供の頃から母や動物のおかげて「死」について身近に感じる事ができていましたね。
別れがあるから今を大切にできる。
心にずっと生き続ける大切な存在は我々を守ってくれているのですね。
2010/08/13(金) 15:27 | URL | SAKICO #F5Tx.MT2[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。